モナコインとは

ビットコインからはじまった仮想通貨ブームも少しずつ環境が整備されはじめていますが、そんな中ビットコイン以外の仮想通貨にも多くの注目が集まっています。
これから仮想通貨の取引にチャレンジする人はまずビットコインで仮想通貨の基礎を学び、仮想通貨取引所の特徴を比較しながら慣れていくという流れが一番いいでしょう。

そしてある程度慣れてきたら次のステップとしてアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)について学び、自分に合った仮想通貨と仮想通貨取引所を見つけ、自分なりの取引のスタイルを確立させるのがおすすめです。
アルトコインの取引って稼げるの?と疑問に感じている人も多いと思いますが、ビットコインもつい最近までほとんど価値のないものだったわけですし、たった1年程度で大幅な高騰を見せているアルトコインもありますので、そういったものに早くから目をつけておくと利益を出せる可能性は高まります。

そこで今回おすすめしたいのが「モナコイン」と呼ばれるアルトコインで、モナコインは何とあの有名な提示版サイトである2ちゃんねるが発祥だと言われています。
モナコインのモナとは有名なアスキーアートである「モナー」から取ったもので、2ちゃんねる発祥ということもあってかオタク文化に精通している人たちからの支持は熱いものがあります。

モナコインは決済の手段として使えることを目的に生まれた仮想通貨なので、早くからいろいろなところで利用できるように働きかけており、インターネット上でのショッピングの決済やコミュニティ内でのチップ、あるいはパソコンショップやメイド喫茶でも利用できるようになっています。
仮想通貨とはそもそも通貨としての価値を持たなければ流行りませんので、ただ取引のために存在しているだけでは今後間違いなく淘汰されてしまいます。
そういった意味でモナコインは早くから実用性の高い通貨としての価値を示しているので間違いなく成長が見込める仮想通貨だと言えるのです。

それだけでなくブロック生成スピードも約90秒なのでビットコインが約600秒ですから、ビットコインよりも優れていますし、世界で初めてSegWitを採用した仮想通貨でもあるのです。
このようにモナコインはそのユニークな誕生とは裏腹に最先端のシステムを持っており、注目されてしかるべき仮想通貨なのです。
現在モナコインの取引が可能な国内の仮想通貨取引所はザイフ、ビットフライヤー、ビットバンクの3つです。