リップルとは

仮想通貨のブームはビットコインからスタートし、今や次の段階へ入ったとも言われています。
その証拠にたくさんのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に関する情報も豊富に出ていますし、その中にはビットコインにはない魅力的なメリットを持つ仮想通貨もあります。

これから仮想通貨の取引にチャレンジしたいと考えている人も多いと思いますが、その中にはこれまでそういった取引を経験したことがない人も意外といます。
もちろん株やFXの取引きとまったく同じというわけではないのですが、何らかの取引の経験があるかないかでやりやすさは違ってきますから、経験がない人はまず仮想通貨とは何か、そして仮想通貨取引所についても情報収集してみてください。

最初はビットコインについて調べるのが無難だと思いますが、冒頭でもお伝えしたように現在アルトコインのバリエーションも豊富になっているので、ビットコインに慣れたら是非アルトコインにも注目してみて欲しいです。
中でも今回おすすめしたいのは「リップル」という仮想通貨で、この仮想通貨はビットコインにはないメリットを持っており将来性の高い仮想通貨として注目を集めています。

具体的にリップルのどこがすごいのかと言うと、まずは送金スピードの速さで、これは何と4秒でできてしまうそうです。
加えて毎秒1000件の取引を処理できることからスピーディな取引が可能になっています。
取引の高速性はほかの仮想通貨と比べても一目瞭然で、イーサリアムは2分以上かかりますしビットコインだと1時間以上もかかってしまいますから、この点にストレスを感じている人にとっては注目すべき仮想通貨と言っていいでしょう。

加えて取引コストの安さもビットコインを凌いでおり、リップルは0.0003ドルなのに対してビットコインは0.48ドルとなっています。
2016年頃まではほとんど価値のなかった仮想通貨ですが、ここのところ急速に成長しており、その結果GoogleやSBIグループといった超有名企業もリップルに投資するようになったのです。
リップルとは会社名のことで、リップルの仮想通貨を表すときにはXRPと表現するので、こちらも覚えておくといいでしょう。

これから仮想通貨の取引にチャレンジするなら、すでによく知られているものよりも将来性のあるものを狙ったほうが高騰する可能性が高く、利益を得やすいのでおすすめです。
したがってビットコインで仮想通貨の基礎を学び、その後アルトコインへ移るという流れがいいのではないでしょうか?