ビットコインとは

金融関連のニュースで今もっともホットな話題と言えば仮想通貨に関することだと思いますが、これから仮想通貨の取引にチャレンジしたいという人はまず仮想通貨とはどんなものなのか学ぶ必要があります。
仮想通貨の取引はまだまだはじまったばかりで環境が整備されている途中ですし、だからこそ稼ぎやすいとも言われていますが、セキュリティ面での不安があるなどネガティブな話題も出ています。
ですから自分でしっかりリスクマネージメントできるように知識を蓄えて準備することが重要なのです。

それでは仮想通貨について知るうえでまずあげておきたいのが「ビットコイン」で、これはすべての仮想通貨の基礎通貨になりますので、ビットコインを知ることが仮想通貨を知ることの近道となります。
ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文に基づいて、有志で集まったプログラマーたちによって開発され、2009年にリリースされた世界初の仮想通貨です。

これまでオンラインゲーム内など特定のサイトで利用できる通貨があったものの、そういったものとは一線を画すものでいろいろな使い方ができる通貨としての価値を求めて生まれました。
仮想通貨というワードが定着したのもビットコインからですし、ビットコインがなければ現在仮想通貨の取引はおそらく行われていないでしょう。

ビットコインの特徴はまず決済方法としてとても優秀である点があげられ、たとえばインターネットショッピングにしても海外のサイトですぐに決済できたりします。
つまり通貨のかわりに使用することができるので、財布を持たずに出歩くことができ盗難などの心配がなくなります。
加えて送金スピードの速さは特筆すべきメリットで、銀行から送金するときのように営業日や営業時間を気にする必要もありませんし、手数料も基本的に無料で即時に送金できますから、この点でもとても優秀です。
またLimited supply(リミットサプライ)と言って、枚数制限をしているのでインフラを防止できますから、取引の際にも安心です。

ビットコインの取引は現在ほぼすべての仮想通貨取引所で可能になっていますので、国内の主要取引所を利用するならまずビットコインの取引からはじめてください。
仮想通貨取引所にはそれぞれ特徴がありますので、その点をよく理解し自分に合った取引所を見つけることもポイントになります。
ビットコインの取引に慣れてきたらアルトコインの取引にもチャレンジしてみるといいでしょう。